タイトルの通り、先日突然腰痛になりました。


私はこれまで腰痛とは無縁でした。
結果的には、いつも通っているカイロへ行き、すぐに治りましたが、ものすごく痛くて、このまま歩けなくなるんじゃないかとまで思ったので、経過を書いておこうと思います。

 


突然腰痛に気付く

 

ある週末、お昼ごはんを食べ終わった後立ち上がろうとしたら、腰が痛いことに気付きました。
その日は朝起きてから、午前中息子を習い事に連れて行っただけで、これと言って変わったことはしていませんでした。
前日までの行動も思い返してみましたが、何も思いあたりませんでした。

 


痛いのは立ち上がる時だけ

 

腰痛の経験がほとんど無いので、具体的にどこが痛いのか分からず、押してみたり、たたいてみたりした結果、腰とおしりの間あたりが痛いと分かりました。

 

次に、どんな姿勢が痛いんだろう?と思いあれこれ試してみたことろ、座り姿勢から立ち上がる時だけ痛いことに気付きました。
寝た状態から起き上がるのは全く痛くありません。歩くのも痛くありません。しゃがむのも痛くありませんでした。

とりあえず、立ち上がる時以外は大丈夫そうなので、様子を見ることにしました。

 


翌日、翌々日にかけて痛みはピークに

 

翌日痛みは酷くなりました。
翌々日は、何かにつかまらないと立ち上がれないほど痛くなりました。


これはもしかすると、そのうち起き上がれなくなるのではと、だんだん怖くなってきました。

腰を曲げず真っ直ぐにして座っているほうが、立ち上がった時の痛みが少ないので、座って仕事してる間も常に背筋を伸ばし緊張状態でした。

でも相変わらず、痛いのは立ち上がる時だけという不思議…

 


カイロへ行くことにしました

 

整形外科へ行くべきか、いつもお世話になっているカイロへ行くべきか悩みましたが、今年の春頃、右腕が痺れた時のことを思い出し、先にカイロで診てもらうことにしました。

 

ちなみに、その時の記事はこちらです。

 

右腕がしびれます(2020.5.1)

手のしびれが治ってきました!(2020.6.2)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1回の施術で治りました


早速予約し診ていただいたところ、その場で治りました…驚きました…
「キツネにつままれたような…」とは、このことですね…

 

先生に「何が悪かったのでしょうか?」と聞いてみましたが、「体のバランスが悪くなったことが原因でしょう。バランスが悪くなった原因はストレスや生活環境など様々な原因があると思いますが。」と。

 

思い返してみても、急激にストレスを感じることもありませんし、本当に原因不明でした。そしてその施術以降一度も痛くなりません。今となってはどんな痛みだったか思い出せないほどです。

 

世の中不思議なことが起こるものですね。

 


思うこと

 

カイロへ通い始めて約1年が経ちますが、私にはものすごく合っているようで、回数を重ねるごとに体が楽になっていきます。

 

今回突然腰痛になって、カイロの1回の施術で治ったことを考えた時に、日頃から定期的なメンテナンスをしているから1回の施術で治ったのかなと思いました。定期的に体の歪みを正してもらっているので、治りやすい状態にあるのかなと思うのです。

 

私はタイトルの通り、バセドウ病と潰瘍性大腸炎という原因不明とされている病気を抱えています。痛いから痛み止めを飲む、出血したからステロイドを飲む、というような対症療法では、根本的には治癒しないことを痛感しています。

 

カイロや東洋医学などは料金も高いですし、人によっては「怪しい」「洗脳されているのでは」と思う人もいるようですが(うちの親も最初は心配していました)、手のしびれといい、腰痛といい、私はレントゲンも撮らず薬も飲まず湿布も貼らず、完全に治ったのです。これが現実です。

 

私には、それがどうしてかの説明はできませんが、きっと全ては「バランス」なんだろうと思いますし、世の中にはこういうこともあるんだ、と、漠然と受け止めています。

原因不明で病気になることがあるのだから、西洋医学で説明できないことで治る可能性もあるのだと思います。

 

これからもコツコツ、体のメンテナンスに通おうと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

私はかれこれ8年ほど、フリーランスで在宅勤務をしています。


元々好んでこの状態になったのではなく、0歳の赤ちゃんを抱えてシングルになった私を雇ってくれる会社が見つけられず途方に暮れていた頃、過去勤めていた会社の人に「個人事業主になってうちの仕事してよ」と声をかけていただいたことがきっかけでした。

これまでの人生でフリーランスになることなんて考えたこともなかったので、分からないことだらけで、最初は必死でした。

 


機密文書の処理について

 

私は仕事柄、機密文書を扱います。
取引会社へは誓約書を提出しています。

 

フリーランスを始めた頃、この書類の処理をどのようにしようか考え、たどり着いたのが、大塚商会の「メルティBOX」(現在は「メルティBOX2」)という文書溶解処分サービスでした。

 

文書溶解処分とは

規定の大きさの段ボール箱に書類を入れ、集荷依頼をすると宅配業者が取りに来てくれます。
その箱は開梱されることなくそのまま溶解処分され、処分が終わると機密抹消証明書が届きます。
ある程度の量のバインダーや、クリップなども外さなくても大丈夫なのでとても便利です。

料金は1箱1800円(税別)です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

大塚商会メルティBOX2公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

最近シュレッダーを購入しました


溶解処分サービスはとても便利なので、これからも利用したいと思っているのですが、「箱に入れたまま部屋に置いておく」ことに、ふと不安を感じました。
溶解処分に出すまでの間のセキュリティは、どうするべきか。

 

そこで色々考えた末、書類を大量に処分する必要がある時は溶解処分で、通常はシュレッダーのほうが安全なのかと。

だだこれまでシュレッダーを購入した経験はなく、裁断後繋ぎ合わせて内容が見えるようでは困るし、どの程度細かくなるのかなと思い調べはじめました。

 

 

私が購入したシュレッダー


そして色々調べた結果、「フェローズ 16MCデスクサイドシュレッダー」を購入しました。

 

公式サイトはこちらです。

フェローズ 16MC デスクサイドシュレッダー

 

 

決め手は、次の2つでした。

 

■2×12mmのマイクロカット
 細かいです!全く内容は見えません!

 

 


■連続使用時間30分
 コンパクトな家庭用のシュレッダーは、連続使用時間5〜10分というものが多い中、こちらは空冷式モータというものがついているらしく、30分も連続使用できます。
しかもオーバーヒート時のクールダウン時間も短いとのことです。(まだオーバーヒートしたことないので詳しい時間は分かりませんが・・)

 

 

「フェローズ」というメーカーは今回初めて知ったのですが、シュレッダー業界では有名どころで、業務用のものが多いらしいです。
一般的な家庭用のシュレッダーよりも値段は高めですが、毎日使うものなので、私にとってはストレスなく使えることのほうが重要で、値段は気になりませんでした。

 


大きさも想像していたよりコンパクトで、キャスターがついていて、すぐに動かせて便利だし、今のところ紙詰まりは全くしていませんし、大満足です!

溶解処分のために置いていた段ボールよりも、シュレッダーのほうが部屋もスッキリし、セキュリティ面での不安も無くなりました。買って良かったです♪

 

 

 

ちなみに、日々の仕事で使用する書類等は、仕事が終わると毎日鍵付きの棚に片付けています。


以上が私が行っている文書管理です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

お盆明けくらいの時期に、突然口の中が塩辛くなりました。

何も食べていなくても、ずーーーっと塩辛いんです。鼻の奥のほうから塩が湧き出てくるみたいな感じ。

 

どうしてだろう??

と考えてみたところ、思い当たったのが、

 

■お盆の頃、猛烈な暑さのせいか、激しく塩分を求める自分がいた。

■友人から戴いたチャンジャが美味しくて美味しくて、毎日昼も夜も食べていた。

 

この2つでした。

 

 

けど、塩辛いものを食べ過ぎたからと言って、ずっと口の中が塩辛いってのはおかしいよな?と思いつつ、 気になるけど忙しくてゆっくり調べる余裕ないし、そもそも塩味なのですごく嫌という訳でもなく、 なんなら調味料なくても塩味効いてる!みたいな楽観的な感じで過ごしていました。

 

だけどそんな塩味生活も1週間ほど続くと、やっぱり不安になってきました・・・。

 

 

ネットで検索すると、すぐに「味覚障害」の文字が!!!

ちょっと待って!味覚障害って、このご時世コロナ!?と、急激に恐ろしくなりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

けど色々調べても、コロナで口の中が塩辛くなる事例は見つけられず、出てきたのは「亜鉛不足」

他にも歯茎などに異常がある場合なども出てきたのですが、歯医者の定期健診に行っても今のところ口の中は全く問題ないですし、これは無いかなと。

 

 

そこで「亜鉛不足」になる原因を調べてみると沢山出てきたのですが、私にあてはまるのはこの辺りかなと思いました。

 

 

■偏った食生活

  塩辛いものばかり食べていた。

 

■アルコールの飲みすぎ

  お盆休みは、お昼から飲むことも多かった。何より飲む量が多かった。

 

■ストレス

  仕事がとても忙しく、お盆休みも半分くらい仕事していた。

 

■更年期

  私は40代で更年期始まってもおかしくない歳。

 

 

きっとこれだ。

 

 

ネットで見つけた解決策は、食生活を見直すことと、結構出てきたのがサプリを飲むということでした。

ただ私の場合、持病の薬を飲んでることもあり、普段からサプリの類は怖いので飲みません。

 

病院へ行こうか・・でも味覚障害だしコロナを疑われたらどうしよう・・・と思いながら行く勇気もなく。

 

とりあえず自分で出来ることを試してみました。

 

 

■食生活を正しました

  根拠は無いですが野菜を沢山食べました。生野菜を食べると塩味が薄くなりそうな予感がしたので。(笑)

 

■お酒を減らしました

  寝酒もやめました。

 

■アロマオイルでリラックス

  仕事の疲れも随分あったので、寝る時にアロマでリラックスを心掛けました。

 

■睡眠時間を増やしました

  とにかく寝る。隙があれば寝る。土日は必ず昼寝をする。人の体は寝ている時にしか修復できないと、どこかで聞いたことがあります。

 

 

以上、私に出来そうなことを試した結果、1週間ほど経った頃、塩味が消えていることに気付きました!!!

かすかには残っていましたが、塩味のことが気になるほどでは無くなりました。そういえばまだほんの少し塩味が・・程度。

 

 

ああ、コロナじゃなくて良かった・・・。

 

結局原因は分かりませんが、もし私と同じような方がいらっしゃったら、とりあえず「バランスの良い食事」と「体を休めること」を試されてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode