2年ほど前、不正出血があり、婦人科を受診しました。
元々、不正出血は、高校生の頃から日常茶飯事で、
学生の頃から婦人科で色々な検査を受けていましたが、
いつも「ホルモンのバランスが崩れている」という結果でした。

なので今回もそんな感じだろうと思っていて、
そうだ、ついでに、そろそろ子宮頸がんの検査を受けなきゃ、
みたいな感じで近くの婦人科へ行きました。

2週間後、検査の結果を聞きに行くと、
子宮頸がんの結果は異常なしと言われましたが、
「子宮内膜が厚い」と言われました。
そして先生から「生理の前は内膜が厚くなるので、生理後にもう一度受診してください」
と言われ、その日は帰宅。

そして言われた通り生理が終わってから再び受診すると、
やっぱり内膜が厚い、と。
内膜が厚いと、子宮がんになる確率が高くなると言われました。
あと少し様子をみましょうか、という感じで終わったのですが、
最後に、「あ、この前の検査結果、お伝えしてましたか?」と言われ、
「はい、異常なしとお聞きしましたが」と答えると、
「いや、異常なしでは無いんです、ほんの少し細胞が異形で・・」と説明を受けました。

はーーーーー!?と、度肝を抜かれました。
前回異常なしと言ったよね?
おじいちゃん先生なので、ボケてたの?

幼い子を抱えるシングルマザーとしては緊急事態です。
こんな怪しい病院へ通ってたら命を落としそうなので、すぐに別の病院へ行きました。


そして別の病院へ行き検査を受けたところ、
異形の細胞は、ほんの少しなので、経過観察でいいです、と。
そしてここでも内膜が厚いことを指摘されました。
さらに子宮筋腫があると言われました。
またまた驚きです。(いったい前の病院は何だったのか・・・。)


その筋腫は「粘膜下筋腫」という子宮の内側にできる筋腫でした。
その頃、大きさは1cmほど。
けど、小さくてもやっかいな筋腫で、出血量が多くなったり、生理痛が酷かったり、
色々問題が出てくるとのことでした。

先生曰く、
「私は手術で取ることをお勧めしますが、絶対というわけでもありません。
ピルを飲んで様子を見ることもできます。」と。

二つ返事で「手術でお願いします!」と言いました。
当時すでに、貧血や頭痛、激しい生理痛があったので。
手術で楽になるなら喜んで!という感じでした。

それから別の日にMRIの検査をし、
紹介状を持って、大きな病院へ行きました。





JUGEMテーマ:健康



Comment





   

        

スポンサードリンク

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode