バセドウ病の診察は、3〜4ヶ月に1度受けています。
その都度血液検査をし、結果は1週間前後で郵送していただいてます。
数値の変化により、薬の量が変わる時は、先生が検査結果にメモして下さっています。
もっとひどい場合には「連絡下さい」と書かれているので電話でお話を聞きます。

20代半ばに発症し、現在40代前半。
このキャリアのせいか、歳のせいか、何なのかよく分かりませんが、
もう5年ほどは、数値にも体調にも、さほど変化がありません。
昔は急激なストレスがかかると、喉が腫れる感覚があり、
もちろん数値も悪くなりましたが、 今はそんなことも起こりません。

ストレスがかかると潰瘍性大腸炎のほうには影響するのに、バセドウ病は無事。
不思議です…。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、年明け早々、今年最初の診察を受けて来まして、その結果が今日届きました。
今の私の数値はこんな感じです。



TSHは低いですが、遊離T4は正常。
よって、今の状態は「正常」と判断されます。
もちろん、薬を飲んだ上での正常なのですが、それでも嬉しい。
以前は今より沢山薬を飲んでいたにも関わらず、遊離T4が上がりっぱなしだったので。

けど、正直、バセドウ病については、もう治ることに期待していません。
20代から今まで治らないのに、今更治る気がしません。
現在、メルカゾール1日2錠。
いいんです、これぐらいの薬なら一生飲みますとも。

それよりも、なんとかしたいのは潰瘍性大腸炎のほう。
負けないぞ〜。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode