昨日の母の日、息子とショッピングへ行きました。

息子の帽子を買うことがメインで、ついでに私の靴も見ようと。

 

息子の帽子を選んだ後、私の靴を見に行ったのですが、

何足か試着している間、隣で機嫌よく待っていてくれたことに驚きました。

 

「う〜〜〜ん、どうしようかな・・」と私が悩んでいると、

「今日は母の日だから買っていいよ!」なんて言ってくれたり。(笑)

 

 

今までだったら、私が自分の服でも見ようものなら、

「はやく〜〜〜かえる〜〜〜」

と駄々をこねて、とても自分の買い物どころじゃなかったのに。

 

息子の成長を感じることが出来て、とても嬉しいお出掛けでした♪

 

 

帰宅後は、お手紙も書いてくれました。

 

iPhoneImage.png

 

 

「母の日 おめでとう」というのが可愛すぎます。

息子にとっては、私のお誕生日みたいなものなんですね^^

 

私がお母さんでいられるのは、息子のおかげです。

私のほうこそ、息子に感謝です♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

息子が「母の日」ということを言ったのは、今年が初めてです。

きっと小学校で、そんな話をするんでしょうね。

 

「おとうさんの日もあるの?」と聞かれました。

 

ギクッ!

「どうして僕にはお父さんがいないの?」と聞かれるかな?と、少し緊張しつつ、

「あるよ!」と平然を装って答えましたが、

「へ〜」というリアクションのみでした・・・。ふう・・・。

 

でも、そのうち聞かれるんですよね・・・。

なんて答えよう・・・。

 

よく「別れた父親(母親)を否定してはいけない」ということを言われますが、

例えば「あなたのお父さんは、こんなに良い人だったんだよ」と言ったとして、

「じゃあ何で別れたの?」ってなりますよね?

私が息子の立場ならそう思います。

余計に混乱しそうです。

 

 

「へ〜」というリアクションも、もしかすると、言葉にしないだけで、

悲しさを感じているのかもしれない。

私の少しの動揺を察知して、その先を言い出せないのかもしれない。

私の考え過ぎだといいけど、子供って、大人が思うほど子供じゃないし。

 

父親のことを聞いてくる年齢によっても、答え方は変わってきますが、

そろそろ本気で答えを考えないとな、と思いました。

 

 

息子が成人して、恋愛も経験して、色んな感情を理解できるようになったら、

正直に話すつもりです。

自分のルーツは知っておくべきだと思っています。

 

ただ、どうしても子供には理解できない事情というものがあるので、

「嘘ではない、子供に理解してもらいやすい言葉」で、どう伝えるか。

私には難し過ぎる課題です・・・。

 

 

 

JUGEMテーマ:育児


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode