以前、レクタブルという薬について書きました。

 

レクタブル (2018.8.22)

 

その時にも書いたのですが、リンデロン坐剤とレクタブルを比較し、

私にとって、リンデロン坐剤のほうが使いやすいので、以降ずっとリンデロン坐剤を処方していただいてます。

 

しかし、3ヶ月に1度の診察に行くたび、先生にレクタブルを勧められます。

くどいほどに勧められるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「使いにくいので」

というと、

「レクタブルのほうが副作用が少ないから」

と、聞き飽きるほど言われます。

 

「リンデロンも毎日使ってるわけじゃないですし」

と言うと、

「出血などの症状が無くても、炎症がある場合もあるので、

粘膜治癒をするという意味でも、毎日レクタブルを使ったほうがいいんです」

と言われるのです。

 

 

さらに一番最近受診した時には、

「押す部分が回って使いにくいという人が多いので、回らないようにするキャップがもうすぐ出来るんです!」

と、ぐいぐい押されます。

 

誰かに何か貰ってるんですか?と聞きたくなるほど勧められます。

 

 

私は押すところが回るから使いにくいと言ってるわけではないのです。
そもそも、アプリケーターを付けて、潤滑剤を塗って・・・という作業が手間に感じるのです。

最近は出血することはほぼ無いですし、

生理前後に、ちょっと嫌な予感するかな?と思う時に、予防のためにリンデロンを使うだけなんです。

そういうこともお伝えしていたのですが・・・。

 

 

それに、副作用副作用って言いますが、

レクタブルが発売される前は、

「坐剤なんでね、副作用もそんなにありませんから!」

と、いつも言っていたじゃありませんか!!!

 

モヤモヤが止まりません。

 

まあ、私も大人なので、

「分かりました。家に残ってるレクタブル、もう一度使ってみますが、

念のためリンデロン坐剤も出してください」

と言って処方してもらいました。

 

もちろんレクタブル使ってませんが。

 

 

いやね、別にレクタブルが嫌いとか、絶対使いたくないとか思ってるわけじゃ無いんですよ。

素晴らしいお薬だという評価も重々承知です。

ただ、今の自分の状態は、坐剤を時々使うくらいで全く問題なく過ごせてるので、

今は使いたくないって言ってるだけなんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

さらに調剤薬局でも言われました。

 

1年ほど前から、リンデロンを処方してもらう時、

使用期限が数か月後に迫ったものばかりを処方されます。

(それまでは使用期限1年以上はあったのに。)

あまりにも毎回なので、今回、きっと私が「え?」という顔をしたんでしょう。

 

薬剤師さんが、

「すみませんね、今リンデロン坐剤をお出しするの〇〇さん(私)だけなんです・・・だからどうしても期限が・・・」

と言うのです。

 

話を聞くと、みんなレクタブルに変わってるので、リンデロン坐剤使ってるのが私だけだというのです。

病院に隣接している薬局だから、先生のゴリ押しぶりを考えると、そうなんでしょう・・・。

 

 

もぉー!!!

使わせてくれよー!!!(T_T)

 

 

さて、来月は年に一度の大腸カメラ検査です。

炎症があったら免疫抑制剤を使いましょうと言われています。

それも絶対いやーーー!!!

 

 

なんで!?もう最近出血すること無いのよ!?

薬貰いにいく以外で、調子悪くて病院行くこと皆無なのよ!?

なんでそんなに薬ばっか使わそうとするの!?

儲かるから!?

 

 

完全に不信感を抱きました。

病院変えることを考え始めています。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode