私の治療は、これらの薬から始まりました。

・アサコール 9錠
・プレドニン 30mg
・リンデロン坐剤


アサコールは、まったく無害でした。
9錠も飲むのが面倒なだけで、これといった副作用はありませんでした。


プレドニンは、ステロイド薬です。
ステロイドは副作用が多い薬です。
沢山ある副作用の中で、最初に私が説明されたものは、

(長期間服用すると)
・免疫力の低下(感染症にかかりやすくなる)
・骨粗鬆症
・にきび
・ムーンフェイス
・精神状態の変化(ハイになる)

でした。
私に起こった副作用は「ムーンフェイス」と「精神状態の変化」でした。


まずムーンフェイスですが、明らかに顔が変わりました。
パンパンに腫れたような感じ。
プレドニン服用を終えた後、すぐに元に戻りましたが、
その頃は人に会うのが嫌でした・・・。
写真を撮られることなんて、もっと嫌でした・・・。

 

スポンサーリンク

 

 


精神状態は、とってもハイになりました。
疲れないし、眠くならないし、とても頭が冴えていました。
その頃、ある資格取得の為に勉強していたのですが、
すごく勉強がはかどるんです。
どんどん頭に入ってくるんです。
もちろんその試験は合格したのですが、
私の実力ではなく、プレドニンのおかげだと思っています。(笑)


骨粗鬆症については、予防するため、
週に1回「ボナロン」という骨粗鬆症の薬を飲んでいました。
その効果もあってか、骨密度に変化はありませんでした。


そんな副作用満載のプレドニンですが、
プレドニンを止めるためには、徐々に減らしていくしか方法がありません。
急に減らしたり止めたりすると、副腎不全でショック状態になることがあるそうです。
ステロイドによって炎症が抑えられているので、
ステロイドを減らした途端また出血、ということも大いにあります。

私はプレドニンを止めるまで1年かかりました。
減ったり増えたりを繰り返しながら。
30mg→20mg→15mg→10mg→7mg→5mgまでは順調に進んだのですが、
5mg→2mg→1mgあたりで、症状が不安定になり、
やっと1mgにたどり着き、次こそ止めれる!と思ったら、
また2mgに増えてガッカリ・・の繰り返しでした。


リンデロン坐剤もステロイドですが、座薬なので、
プレドニンほど副作用は無いと言われました。
ただ、座薬って、面倒くさい。
というか、最初は上手く入れれないので時間はかかるし、
せっかく入れたのにすぐ出てくるし。
イライラの連続でした。
けど人間というのは器用な動物なので、
慣れてきたら一瞬で入れれるようになりました。


座薬に抵抗があって、処方されても使わない人がいるそうですが、
私の経験では、使って良かったです。
私は直腸に炎症が多かったので、座薬を使うと、すぐに出血は治まりました。
「しぶり腹」も治まりました。




 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

ここまでは、潰瘍性大腸炎発症当時を振り返りました。

潰瘍性大腸炎 発症当時の話
潰瘍性大腸炎 発症当時の話
潰瘍性大腸炎 発症当時の話
潰瘍性大腸炎 発症当時の話


潰瘍性大腸炎になって今年で5年目になります。
今はとても落ち着いていて、今年こそ「緩解」と言われたい、と願っています。
(今年の検査は7月を予定しています。)


潰瘍性大腸炎のことを書いて行くにあたり、
昔の検査結果を探したり、自分の体調を書いたメモを読み返したりしていました。
なので、この勢いで、引き続き潰瘍性大腸炎のことを書いてみたいと思います。



 

スポンサーリンク

 

 


 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

これは潰瘍性大腸炎にまつわる記事です。
言葉を選んで書いていますが、
なにぶん腸の病気ですので、多少汚い表現が出てくる可能性があります。
お食事中の方や、その手の話が苦手な方は、読まないでください。

大丈夫な方は、続きをどうぞ。

続きを読む >>


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode