子連れ離婚の場合、生活できるだろうか、と同じぐらい悩むのが、
「子供がかわいそう」ということではないでしょうか。
もしかすると、身近な人から言われることも多いのではないでしょうか。

私も散々悩み考えました。
自分には両親がいて、幼い頃は、いわゆる「普通の家庭」で育ちました。
(大きくなるにつれ「普通」ではなくなっていきましたが・・・。)

お父さんとお母さんがいて当たり前。
どちらか片方しかいない子供は「かわいそう」。
これが世間一般の考え方ではないでしょうか。

今でも、全く何も思わないかと言うと、そうでもなく、
例えば息子のお友達が、
「パパとキャンプに行った」「釣りに行った」
など話しているのを聞くと、胸が痛むこともあります。
男親ならではの遊びを、してあげることができないので。

確かにかわいそうなのかもしれません。


けど、何と比べて「かわいそう」なのか。
それはおそらく、
「夫婦仲が "悪くない"、お父さんとお母さんと暮らしている子供と比べて」なのです。

 

スポンサーリンク

 

 


私の友人には片親で育った人が多く、
その人たちは口を揃えてこう言います。
「必要な父親(母親)と、必要じゃない父親(母親)がいる」

その人たちは、自分の母親が散々な目にあわされたり、辛い日々を間近で見ていたので、
「こんな親いらない」と思いながら幼少期を過ごしていたそうです。


またある友人は、数年前に両親が熟年離婚しました。
とても長い泥沼裁判の末、離婚が成立し、その友人も裁判中とても辛い思いをしたそうです。

私が離婚した後、その友人に、
「離婚して、子供に申し訳ないことをしたかな・・・」と弱音を吐いたことがあります。
すると、
「険悪な夫婦の元で育つ子供のほうが、よっぽど可哀そう。
自分の親は、長年家庭内別居してて、母親は"子供が成人するまでは離婚しない"って頑張ってたけど、
それって、僕にとってはすごく迷惑だった。
"子供のため"って、じゃあ僕ら兄弟がいなかったら、お母さんは離婚して幸せになれたってこと?
母親の人生を自分が潰してしまったようで、ずっと辛かった。」と。

「残念ながら必要ない親ってのはいるから、そんな人とはさっさと離婚したほうが子供のため。
離婚したということだけで、子供がかわいそうなんて思わなくていい!」
と強く励まされました。
経験談なだけに、涙が出そうでした。


親が離婚して辛い思いをしている子供も、
親が離婚しないことによって辛い思いをしている子供も、
同じぐらいいるのかな、と、思いました。


だから私は、
子供のためを思うなら、"家が好き"と子供が思える、温かい家庭を築くんだ!と思っています。
それは片親であったって、絶対出来るはず。

現在6歳の息子は、親バカかもしれませんが、とっても優しい子に育ってくれていて、
「おかあさん大好き♪おかあさんがおかあさんで良かった♪」
と言ってくれます。
泣けます・・・。


世間の目ではなく、子供がどう感じるか、
それが一番重要ではないでしょうか。




 

JUGEMテーマ:シングルマザー

離婚を考え始めてまず1番に不安に思うことは、
「離婚して生活できるだろうか」
ということではないでしょうか。
(子供がいなければ、違うかもしれませんが。)

私が離婚を考え、毎晩ネットで「離婚」をキーワードに検索していた頃、
ネット上の相談者に対して、
「離婚後の生活はそんなに甘くないです!」とか、
「"なんとかなる"ではなく"なんとかする"んです!」とか、
結構厳しい意見が多かったように思います。
「我慢できるなら子供の為にしなさいよ!」的な意見も。

 

スポンサーリンク

 

 


けど、今私が思うことは、
自分のことを全く知らない見ず知らずの人に相談して、
ちょっと厳しい意見で「考え直せ」と言われたところで、
思いとどまれるレベルの出来事ではないと思うんです。
「離婚を考える」ということは。

そんなの、本人が1番分かってますもの。
自分は甘いのか。
自分は我慢が足りないのか。
子供が可哀想なんじゃないか。
なんて、毎日のように考えてますもの。

けど、人それぞれ我慢できる事やレベルも違うので、
他人の意見を聞くこと自体、違うな、と思います。
相談する人はきっと、自分に賛同してくれることや、
背中を押してくれることを期待してると思うのですが。


私の場合、持病もあり、
私の親は、あまり経済力がなく、頼れないので、
不安だらけの状態で離婚しました。
病気で働けなくなった時のために、生活保護についても調べましたし、
母子寮についても調べました。

けど、今のところ、自力で暮らしています。
養育費は1度ももらったことがありません。


現在は個人事業主として在宅勤務しながら生計を立てています。
これまで、普通の会社員で雇われ人生を歩んできましたが、
「持病あり+子育て中」という条件では普通に就職するのは難しく、
今の状態に落ち着きました。

初めは個人事業主についてとか、
確定申告についてとか、
分からないことだらけでしたが、
それなりに勉強しました。
全く興味のない分野ですが、生活のために努力しました。

それが、前回書いた、未来に向けた「我慢と努力」です。


もし、今悩んでる人がいるなら、
「力」の使いどころを間違えず、
恐れず前に進んで下さい、と伝えたいです。
離婚しても、その「力の使い方」次第で、生活はできます。

悩みながら進んで手にしたものは、
とてつもなく大きな自信と力になります。

とにかく、自分と子供が笑顔でいられる明るい未来を想像し、
その為に何をすべきか、たくさん悩んで1歩ずつ進むこと。
それが、必ず、明るい未来へ繋がると、私は思っています。




 

JUGEMテーマ:シングルマザー

 

 

 

ブログのタイトルにもある通り、私はシングルマザーです。
息子が4ヶ月の時に離婚して、かれこれ6年ほど経ちます。

離婚に至った原因や理由は、一つではなく、色々なことの積み重ねなのですが、
一言でまとめるなら「ご縁が無かった」、この一言に尽きます。
夫婦関係や考え方の違いや、細かいことは今振り返っても仕方ありません。

けど、離婚に至るまで、または離婚後、
その状況を受け入れるまでの、私の心の葛藤を書くことは、
もしかしたら誰かの気持ちを楽にできるかもしれないな、と思い、
思い返して書いてみようと思います。


離婚前は、
離婚して生活できるだろうか。
子供のために、離婚しないほうがいいのだろうか。
もっと我慢して、もっともっと自分が頑張るべきなんだろうか。
という葛藤。


離婚後は、
ああすっきりした!と感じたと同時に、
息子に申し訳ないことをしてしまった・・と落ち込んだり、
道行く家族連れを見て落ち込んだり、
どうして私はあんな人と結婚してしまったのだろう、と過去を悔やんだり、
やっぱり離婚すべきではなかったのだろうか、と自分の決断に自信が持てなくなったり。

それはそれは沢山の感情が私の中で渦巻いていました。
何年も、何年も。

 

スポンサーリンク

 

 


その頃は、夜中になると決まって、
ネットで「離婚」をキーワードに検索して、
勇気付けられたり、時には絶望したり。

隣で眠る息子の顔を見ながら、
「ごめんね。こんな弱いお母さんでごめんね。」
と、心の中で謝ってばかりでした。


けど!
6年経った今、離婚して良かった、と心から思っています。
まっすぐ素直に育っている息子の笑顔が、それを証明してくれてるように思えます。

「我慢」という努力をするならば、
一緒に暮らせないほど苦痛を感じる相手に対してではなく、
例えば仕事で辛い時に踏ん張ることや、
自分や子供の輝かしい未来に対してするべきだと、強く思います。

こういった気持ちの切り替えは、
かかる時間は個人差があると思いますが、きっと出来ます。

とにかく「笑顔」で暮らせること。
これ以上に大切なことは無いと思っています。


これから、私が悩んで乗り越えてきた諸々を、
思い返して書いてみます!




 

JUGEMテーマ:シングルマザー

 

 

 


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode