先日書いた日記で、「大建中湯」という漢方薬を処方されたことを書きました。

また薬が増えてしまいました・・・ (2018.11.12)

 

大建中湯とは、

冷えにともなう腹痛や膨満感を、温めて治す

体力がない人で、おなかが冷えて痛み、腹部膨満感がある場合に用いられます。血流をよくしておなかを温め、胃腸の働きを活発にすることで症状を改善します。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)

(漢方のツムラより)

というお薬です。

 

薬局でいただいた説明書はこんな感じです。

iPhoneImage.png

(シワシワですみません・・)

 

 

約1か月間飲みましたので、感想を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

まず初め処方される際、先生に、

「1回2包で1日6包出しますが、便の回数が増えると思いますので、

自分で調整しながら飲んで下さいね。」

と言われました。

 

そんなことを言われると、なんだか怖いので、

まず、1回1包を1日3回飲んでみました。

 

その結果、

調子が悪くて便の回数が増えてるのか、

大建中湯のせいで増えてるのか、

どっちにしても、1日何度もトイレに駆け込むことになりました。

 

これはいかん、ということで、1日1回1包にしました。

 

それでもお腹がグルグルいいます。

けど、便の回数が増えるからといって、

大腸炎が悪化しているわけではありません。

とにかく腸の働きが活発になっている感じです。

 

一番の目的の「冷えを改善する」という点については、

正直良く分かりません・・・。

便の回数が増えるという軽いショックに気がとられ、

冷えが改善されているのかどうか、分かりません・・・。

 

 

ただ、この漢方の味は好きです。

 

昔、漢方内科を受診していた頃、漢方内科の先生に、

「どうしても嫌いな味なら教えて下さい。

自分の身体に合わない漢方は ”まずい" と感じる場合があります。

逆に美味しいと思える味の場合、身体に合っていることが多いです。」

と教えていただいたことがあります。

 

私はその言葉をとても信じているので、

今回の大建中湯を「美味しい」と感じているということは、

自分に必要な漢方なんじゃないかなと思っています。

 

ただ、トイレの回数が増えるのは困るので、

調子が良かったり、座薬を使って便秘気味になったりした時に、飲むことにしました。

 

 

大腸炎とか関係なく、便秘気味の人には素晴らしい漢方薬ではないでしょうか。

 

 

イラストでわかる!まずは使ってみよう漢方薬 [ 下手公一 ]

価格:3,240円
(2018/12/19 14:43時点)

 

 

JUGEMテーマ:健康


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode