先日息子がバッタを連れて帰ってきました。

 

小1息子、虫を捕まえてくる。(2019.10.04)

 

私は虫が苦手ですが、

じーっと観察していると、どんどん可愛くなってきました。

 

そして可愛くなるほど、この狭い虫かごに入れられていることが可哀そうになります。

広いところで飛び回りたいだろうに・・・。

 

ネットで検索していたら、バッタは長く生きられない、冬を越せないと書いていました。

それならなおさら、はやく帰してあげないと。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

息子を説得

 

 

 「可哀そうだから、公園に帰してあげようよ」

 

息子 「やだ。可愛いから見ときたい」

 

母 「バッタは冬を越せないんだって。かごの中で死んじゃうよ」

 

息子 「死んだら埋めてあげる」

 

 

まあ、予想通りの会話。

 

 

母 「じゃあさ、もし自分が誰かに捕まえられて、狭い透明の部屋に入れられて、ずっと眺められたらどう思う?」

 

息子 「やだ」

 

母 「でさ、その捕まえた人が、"この子可愛いから眺めとく。美味しいごはんも沢山あげる。死んじゃったらちゃんと埋めてあげるから大丈夫"って言ったらどうする? 美味しいごはんは食べれるけど、外で遊ぶことはできないし、お母さんにも二度と会えないよ」

 

息子 「・・・・・。 公園に帰してあげる・・・・」

 

 

 

というわけで、脅しに近い説得で(笑)、ようやく帰してあげると言ってくれました!

 

 

iPhoneImage.png

 

 

公園で虫かごを開けると、元気に出ていきました。

 

どこにいるか分かりますか?笑

 

さすがです。葉っぱと一体化してます!

 

 

 

ここにいます。

 

 

 

さよならバッタ子。元気でね。

 

とても短い間だったけど、楽しかったです♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

JUGEMテーマ:子育て日記

 

ついにこの日が…。

お腹の赤ちゃんが男の子と判明した時から、こんな日が来ることは覚悟していました。


先日学校から、近くの公園へ虫捕りに行きました。

「虫かごを持ってる人は持ってきて下さい」

と言われたので、昔おばあちゃんに買ってもらったのに1度も使ったことない虫かごを持たせました。


私は虫がものすごーーーく苦手なので、その影響か、息子も虫を触れず、虫捕りなんてしたことありませんでした。

でも今回、なんと、バッタを持って帰って来たのです…



そして飼うという。
うぅ…

 

スポンサーリンク

 

 


餌とか水とかどうすればいいか分からず、とりあえずネットで調べたら、
イネ科の草を食べると出てきました。
けどそれが何か分かりませんでした。

他にもキュウリやレタスも食べると書いてありました。

お水については、野菜の水分で大丈夫とのことで、あげるとしても霧吹きで葉などに吹き付けたらいいとのこと。

霧吹きがなかったので、とりあえずレタスを水洗いして、虫かごの中へ入れてみました。

しばらく眺めていると、レタスを食べ始めました!



バッタの口がモグモグしながらレタスを食べている。

か…かわいい…

虫を見てかわいいという感情を持ったのは人生初です。


そんなバッタに息子は「バッタ子」と命名しました。

しばらくうちの住人です。

けど、虫かごで暮らすなんてかわいそう…
近々放してあげたいな…
息子を説得せねば…

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

JUGEMテーマ:子育て日記

今月からカイロプラクティックに通い始めました。

 

 

カイロプラクティックとは

 

よく聞く言葉ですが、整体とかカイロとか、何が違うのか良く分かりませんでした。

というか、今も良く分かっていませんが・・・

 

ウィキペディアによると

カイロプラクティック(Chiropractic)は、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって創始された手技療法。名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語。世界保健機関 (WHO) は補完代替医療として位置づけている。

発祥国のアメリカや、イギリス、カナダ、オーストラリア、EU諸国など約40か国が、主に筋骨格系の障害を取り扱う脊椎ヘルスケアの専門職として法制化している。日本は法的な資格制度が存在せず、民間療法として誰もが自由に開業、施術が可能である。職業としては法的資格制度のない医業類似行為として保健医療やサービス業に分類されている。

 

だそうです。

 

他にも調べていると、「海外では医療として認められているが、日本ではそうではない」ということが分かりました。

だからもちろん実費です。

 

 

 

なぜ通おうと思ったか

 

先日ここでも書きましたが、バセドウ病が悪化しました。

それで病気に対して心底嫌気がさしてきました。

まあ嫌気がさしたところで、自分の体から逃げることもできず、これまで同様上手く付き合っていくしかないのですが、

「とにかく健康になりたい。お薬を飲まなくていい体になりたい。」という気持ちが爆発した感じです。

 

今まで、漢方内科に通ってみたり、Bスポット治療をしたり、アロマで香りの力を借りてみたり、

ハーブティーを飲んでみたり、スクワットをやってみたり、YouTubeで人気の整体師のストレッチをやってみたり、

それはそれはいろんなことを試しています。

 

しかし病気が治る気配はありません。

 

いつでもたどり着くキーワードは、「ストレス」と「自律神経」。

もうこれをなんとかしないといけないのは分かっていて、

けどその方法は分からなくて、

ストレスに関しては、自覚症状さえありません。

 

そして私の場合、潰瘍性大腸炎だのバセドウ病だの病名はありますが、どこかピンポイントで治療したらいいという問題ではないことも分かっています。

体全体のバランスとか、癖みたいなものを改善しないと、またいつか新しい病気になってしまいます。

 

 

そこで思い出したのが、バセドウ病にかかった当初(まだ20代の頃)、父親に連れて行ってもらった整体のような、カイロのような、不思議な治療院でした。ひたすら体を揺らされる治療でした。

どれくらい通ったか覚えてないのですが、多分2〜3ヶ月だったと思います。

その時、嘘みたいに体が楽になりました。肩こりも感じなくなりました。

先生から「バセドウも治ります!」と言われていました。

 

実際父親が、腰からくる足のしびれで歩き辛くなっていて、整形外科など色々な病院に行って治らなかったのが、その治療院で治りました。

 

私もそのまま続ければ良かったのですが、1回の治療が5000〜6000円で、週に1回、

その頃20代で1人暮らしをしていたので、お金が続かなくなり止めてしまいました。

 

 

そのことを思い出し、その治療院へもう1度通おう!と思ったのですが、調べると、もうありませんでした。

それであれこれ検索して、通える範囲で、ちょっと試してみようかな?と思う治療院が見つかったので、通い始めました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

それでもやっぱりお金はキツイ

 

通うことを決めたわけですが、今回の治療院は1回7000円。

ひょ〜〜〜高い。。。

けど、ビビッと来たものを信じて決めました。

 

1回7000円を、しばらくの間は月に4回。28000円です。。。

最初だけ週2回来てほしいとも言われましたが、お金以前にスケジュールが無理で、とりあえず週1回でスタートを切りました。

 

カイロは即効性が無いものらしく、「5~6回通ってみないと分からない」と色んなサイトに書かれています。

以前通った治療院でも、効果を感じたのはそれくらいだったと思います。

だから1回や2回で止めることも考えていません。

けど、シングルマザーの私には、大きすぎる金額です。

 

というわけで、予算を設定しました。

 

私がカイロに投資する金額は10万円とします。

 

10万円までは通う。

効果があれば継続。なければ終了。

もちろんそれまでに「絶対無理!」と思う何かがあれば、その時点で止めますが、

半信半疑のうちは、10万円まで通ってみるつもりです。

 

そんなわけで、10万円と決めて通い始めたのですが、治療スタートの前に見積を下さいました。

もちろん目安なので、その通りということではないですが、すごく親切ですよね。

こういうの、安心できてありがたいです。

 

そしてその見積額が、なんと!10万円ちょっとだったのです!

 

 

 

今のところの効果

 

2回治療を受けましたが、全く何も変わりません。笑

 

5回くらい受けた頃に、また報告しようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode